MENU

声優になれるかどうかは専門学校選びできまる!

声優の専門学校に通うと決めたものの、専門学校選びってかなり迷いますよね。

 

わたしも横浜の高校を卒業して声優専門学校へと進みましたが、横浜ではどの声優専門学校が良いのか分からず、先生や友達にも聞けずにかなり困りました。

 

わたしは現在は東京で声優のお仕事をしていますが、生まれも育ちも横浜で、声優専門学校も横浜で通ったし、声優仲間にもやはり横浜出身の子が多いです。

 

あの頃のわたしと同じように、横浜の声優専門学校選びで迷っている方のために、わたしの経験を役立ててもらえればと思います。

 

 

 

横浜でおすすめの声優専門学校

わたしは小さい頃からアニメが大好きだったので、昔からの友達にも声優さんになった子が何人かいます。

 

みんなそれぞれの声優専門学校に通っていたのですが、みんなで声優専門学校時代の話をすることがあります。

 

友達と声優専門学校時代の話をしていて色々な話を耳にしますが、横浜で1番良い声優専門学校と言うと、たぶんわたしの声優仲間はみんなアミューズメントメディア総合学院と答えると思います。

 

わたしも実は横浜の高校を卒業してアミューズメントメディア総合学院へと進んだのですが、実際に通っていたわたしとしてもおすすめの声優専門学校だと思います。

 

横浜には他にもいくつかの声優専門学校がありますが、アミューズメントメディア総合学院をおすすめする理由は以下の二つです。

 

≫アミューズメントメディア学院公式サイトはこちら

 

 

 

声優専門学校選びで大切なのはデビュー率

 

アミューズメントメディア総合学院の校舎

 

声優専門学校へと進学する人の思いはそれぞれあるでしょうが、おそらく大半の方が将来声優になりたいと考えてのとこでしょう。

 

声優専門学校には趣味で通っていて、卒業後は一般企業へと進んだ同級生もいましたが、それはほんの一部でみんな声優になるためだと思います。

 

横浜でどの声優専門学校に通うのかを選ぶ上で1番大切なことは、卒業生の何割が声優デビューできているのかです。

 

卒業生の声優デビュー率、つまり声優事務所(芸能プロダクション)に所属契約となった生徒の数を知ることが大切です。

 

横浜の声優専門学校の中で卒業生の声優デビュー率を公開しているところは少ないですが、それぞれの声優専門学校に通っていた友人の話を聞けばだいたい分かりますし、デビュー率を公開していない専門学校は実績が良くないと想像できます。

 

わたしやわたしの声優仲間がアミューズメントメディア総合学院を評価する理由は、何よりもデビュー率が圧倒的に高いからです。

 

アミューズメントメディア総合学院のホームページでは現在2018年度卒業生の実績が公開されていますが、73.8%の生徒さんが声優事務所と所属契約となったとのことです。

 

4人に1人は声優になれないの?と感じる方もいらっしゃるでしょうが、声優の世界はやはりそれほど厳しいものではあります。

 

声優専門学校によっては、声優事務所に所属となった生徒がおそらく10%を切っているところもあると思います。

 

声優事務所に所属できない場合には、声優事務所の附属養成所にまたお金を払って通うことになります。

 

横浜の声優専門学校によっては、ほとんどの生徒の進路が附属養成所というところもあります。

 

横浜の他の声優専門学校のデータを知ると、アミューズメントメディア総合学院のデビュー率の高さが分かるかと思います。

 

声優専門学校に高いお金を払って通うからには、誰しもが声優になりたいと思うことでしょう。

 

どんなに素晴らしい講師がいたって、最先端の設備が導入されていたって、結果としてプロの声優になれないのであれば意味はありません。

 

声優専門学校に通うのは趣味ではなく、本気で声優としてお仕事をしたいと考えているなら、わたしはアミューズメントメディア総合学院をおすすめします。

 

 

 

数年後も生き残れる声優になれるかどうか?

学生の女の子

声優業界では毎年多くの新人がデビューしますが、デビューした声優全員がずっと声優を続けていけるわけではなく、俳優やモデル、芸人さんと同じように消えていく声優もたくさんいます。

 

 

声優の仕事はアニメや映画の吹き替えだけでなく、ナレーションにゲームアプリやアニソンボーカリストなど、最近は色々な仕事が増えています。

 

だけどそれ以上に声優を志望する子の数も多く、それだけに声優として生き残っていくのは熾烈な戦いです。

 

声優デビューの年はまだギャラが安いので、ある程度仕事が来ることも多いです。

 

テレビアニメのアテレコなら、30分アニメ1本で15,000円、ゲームなら1回の収録で20,000円〜50,000円くらいでしょう。

 

まだデビュー年でギャラが安いうちに、確実な仕事をしてアニメ制作会社や監督さんなんかに覚えてもらうことが大切です。

 

そのためにも、声優専門学校の在学中から、ある程度現場の仕事経験を積んでおくことが重要です。

 

声優専門学校では基礎トレーニングや演技だけで、収録は声優になってからが初めてでは、やはり緊張や不慣れから失敗してしまうかもしれません。

 

声優はデビューしてすぐが勝負、はじめに使ってもらっている間に、いかにして結果を残せるかです。

 

アミューズメントメディア総合学院では、在学中からグループ会社の仕事をさせてもらえます。

 

グループ会社ではアニメ制作や漫画の出版なんかもしていますが、それは生徒に現場経験を積ませるためでもあります。

 

声優として生き残っていくためには、在学中から現場経験を積んでいることは最大の武器だとわたしは考えています。

 

そのためにアミューズメントメディア総合学院ではそのようなシステムを取り入れています。

 

声優専門学校の授業内容は、基礎訓練に関してはどの専門学校にも違いはありません。

 

わたし個人的な意見としては、学生のうちから実践経験を積める専門学校を選ぶことをおすすめします。

 

≫アミューズメントメディア学院公式サイトはこちら

 

 

 

横浜で声優専門学校を選ぶ際のポイント

講師に現役声優は必須

声優専門学校や専門スクールの講師は必ずしも声優というわけではなく、演出家や音響監督、俳優さんが講師を務めていることもよくあります。

 

とは言え、声優は俳優と同じように演技力が求められるので、俳優や演出家の方の授業は非常に大切です。

 

だけどやっぱり声優になるためにはプロの声優の授業が必ずあった方がいいし、何より貴重なお話が聞けます。

 

声優の業界の細かいお話なんかは現役の声優にしか分からないし、これからの声優に求められているものを理解して、それを専門学校の授業にフィードバックできるのもやはり現役声優です。

 

横浜の声優専門学校のカリキュラムや講師陣は様々ですが、できれば現役の声優が1人もいない専門学校は候補から外すことをおすすめします。

 

 

 

学費・費用は全てチェック

女の子

横浜でどの声優専門学校に通うのかを選ぶ上で、学費をチェックするのは言うまでもありません。

 

 

学費を調べる際には、入学金や年間の受講料だけでなく、在学中に別途かかる費用についても調べておきましょう。

 

声優専門学校によっては、海外研修や合宿やらで、授業料以外にも高いお金がかかるところもあります。

 

横浜の声優専門学校をある程度絞りこめたら、ホームページだけでなく資料請求して、学費や費用についてはしっかり確認しておきましょう。

 

 

 

声優学科がメインの専門学校か

横浜や東京には数多くの声優専門学校がありますが、声優やアニメ専門の学校というのは意外に一部だけです。

 

それ以外はダンススクールや俳優養成の学校に声優科が併設されていたり、中にはコンピューターやプログラミングの専門学校になぜか声優科が開設されたようなところもあります。

 

声優を志望する若者がどんどん増えているため、声優・アニメに関係のない専門学校でも声優科を新設する傾向にあります。

 

そのような専門学校が全て悪いとは言いませんが、設備や講師については特に入念にチェックしておいた方が良いでしょう。

 

まだ声優科が新設されて間もないということなら、実績も何もありませんから避けることをおすすめします。

 

 

 

まとめ

横浜には声優専門学校はそれほど多くはないので、以上の条件を満たしている専門学校はアミューズメントメディア総合学院だけということになります。

 

横浜で声優専門学校を探すなら、まずはアミューズメントメディア総合学院の資料に目を通したり、できれば見学にも行ってみましょう。

 

もしも自分にはアミューズメントメディア総合学院は合わないと感じたら、横浜ではなく東京で声優専門学校を選ぶのが良いと思います。

 

≫アミューズメントメディア学院公式サイトはこちら